スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

好き嫌いはありませんか。-甘酸辛苦-

甘酸辛苦。甘酸あるいは辛苦をなめるという言葉がある。どちらも苦労したり,悲劇を味わったりして成長することの喩えだが,今回はそのこととは少し遠いかもしれない。言葉どおり甘い,酸っぱい,辛い,にがいの味覚のことである。 人間の味覚は、まず初めに甘いものを知り、次に酸っぱいものを受け入れ、さらに辛いものを受けつけるようになり、最後に苦いものを受け取るようになるらしい。たしかに,赤ん坊の時分はいつも母乳を飲んでるが,他の食べ物を欲しいと泣いてる赤ん坊は見たことがない。ましてや「辛口のをください。」なんて言ってるのも聞いたことがない。それから徐々にいろんなものに興味を持ち,それこそ「甘酸」や「辛苦」をなめて,口に入れ,いろんな経験をし,それらを消化させて,いろんな「味」を知る。そうして人間が育つ。小学校高学年までに、苦いものを味合わなければ、生涯苦いものを避けてしまうものらしい。すなわち人間として十分に育たないのだ。 身体だけ大きくても好き嫌いのある人,あるいは苦しいときにこそ力を発揮すべきなのに,逃げ回る人,人の所為にする人,苦労の中に喜びを見出せない人,これらすべて十分に発育しているとは言えない。 これは蛇足だが,最近,そうした味覚と知的好奇心は正比例してるんじゃないかと思うようになった。どう思われます? やはり「~をなめる」の話になっちゃった。おかしいなぁ?

広島ブログ Zzz…マロンです。ボクをクリックしてね。
スポンサーサイト

comment

Secret

ブログ内検索
英検1級単語4択ドリル

英検1級単語ドリル by ゆずりん 英語学習素材としての海外サイトリンク集
リンク
広島ブログ
月別アーカイブ
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。