スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不易と流行

clickuri父子とネズ公たちの戦いの物語続編です。

過去の科学技術の進歩とその成果はさまざまに人類社会に影響を及ぼしてきました。残念ながら,そのすべてが人類の健康と幸福に直結してきたわけではありません。
ですから科学技術は,単なる便利だ,簡単だ,豊かだという点からの一面的な評価は避けなければならないでしょう。今後は人文・社会科学を含めたあらゆる分野から総合的に判断することが大切になると思います。すなわち,学問の高度に深化した「融合」「総合化」が求められているのだということです。

「空を越えてェ ラララ 星のかなたァ
ゆくぞォ アトムゥ ジェットの限りィ
こころやさしィ ラララ 科学の子ォ
十万馬力だ 鉄腕アトムゥ~」
まさに原子力をエネルギー源に,感情を持ち備えた鉄腕アトムを作り出したお茶の水博士の心境で,ネズ公捕獲作戦に挑戦しました。(例えは21世紀のネコ型ロボットでも良かったのですが。。。)

これは超音波と電磁波でネズミを嫌がらせ,正常な判断力を奪い,しこうしてねずみホイホイに容易に足を踏み入れさせたり,殺鼠剤をお気楽に食べさせたりするものです。
超音波は25kHz~60kHzを発生します。ネズミが嫌がるらしいのです。(あくまでも“らしい”のであって,直接インタビューはしていません。科学者として甘いところです。)電磁波は家庭内の電気の線を通してビリビリ感じさせる“らしい”のです。
こればっかりは私やマロンには感じないらしいので,マロンに聞いてみるわけにもいきません。
                                超音波電磁波
同じような効能の商品に有名な「ペス○コントロ」(USAブランドの中国製)がありますが,コレ高いのです。写真商品の4倍近くします。あっさり諦め,大好きなヤフオクで,すがりつくように購入しました。

あとはフラフラにさせて,何を食べてもらおうかなと考えました。
「不易と流行」という言葉がヒラメキました。世の中がどんなに変わろうと,科学技術がどんなに進歩しようと,変化させてはいけないナニカがある。心です。
中年読者の皆さんは「トムとジェリー」という漫画をご存知でしょう。そもそもネズ公はチーズが大好きなんです。
ネズミトラップ  →→→→  ネズミトラップ成功例
              (筆者注:檻の中の青いのはネズミに模したクマです。)
この古典的なトラップの中に大好きなチーズを仕掛けると,ネズ公たちが超音波で前後不覚になって入り込み,見境なく食いつくや否やバチャンとふたが閉まり,コヤツラを捕まえます。
名づけて「不易と流行」作戦。

次回に続く。
広島ブログ Zzz…僕マロンです。バナーをクリックしてね。
スポンサーサイト

comment

Secret

これがうわさのネズミ捕り器ですか?

クマチャンのようにネズミがとつかまるわけでんな!
チーズにつられて・・・
ほんと?

それがね,

それがなかなか捕れんのですよ。
そのうちチーズが干からびてくるんじゃないかと心配しています。
床に置いたらマロンの鼻が引っかかるのは確実なんですが。。

例のチュ~ちゃんですね。
ウチもチュ~ちゃんがやってきたら、電磁波攻撃してみます(笑)

あれ,あまりよくないよ。

こんな事言っちゃなんだけど,あまり良くないよ。
絶対に大成功して見せるから,このブログを見てて。それから広島ブログ,ポッチンしましょう。
ブログ内検索
英検1級単語4択ドリル

英検1級単語ドリル by ゆずりん 英語学習素材としての海外サイトリンク集
リンク
広島ブログ
月別アーカイブ
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。