スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

企業が社員に求める能力

今日の読売新聞で「社員に欲しい主体性,課題発見力」という記事が目に入った。
昨年10月,経済産業省によって全国20地域の中堅・中小企業の計3715社を対象に行なわれたアンケート調査から,得られた684社の回答の集計結果が,12日発表された。これに関する記事である。

企業の人事担当者が社員に求める能力は「実行力」(70・8%)が最も多く,「主体性」(68・7%),「課題発見力」(65・8%)と続いている。
一方,29歳までの若手社員に不足していると思う能力は「主体性」(48・2%)「課題発見力」(44・4%),「創造力」(44・2%)が上位を占めた。

要するに企業の3分の2が,社員に求める能力として「主体性」や,「課題発見力」をあげ,若手社員にその能力が欠けているか不足していると感じているということである。恐らく若手社員も自覚があればこれらの力をつけたいと感じているだろう。そこで教育サービスは学生にこれらの力をつけさせることが大切な仕事になってくる。道理は簡単である。

新聞では,「企業が欲しい人材と,実際の戦力にギャップがある実情も浮かび上がった。」と結ばれている。

文部科学省では「主体性」や「課題発見能力」,加えて「自己学習能力」を養うことが次代の日本人にとって喫緊の課題であるとして,これらは,小・中学校にあっては平成14年から施行され,高等学校にあっては平成15年から段階的に施行された現行の学習指導要領に盛り込まれ,「総合的な学習の時間」や新教科である「情報」が導入されたところである。残念ながらその学習を終えた児童・生徒はまだ大学1年生である。
現在のところ,中教審や教育再生会議など教育制度を考えるさまざまな会が主催され,総じて学習指導要領のねらいを変節させようとしている。いまだ成果が検証されていないことに対して舵を切るということはいったいどういう意味があるのだろうか。

社会が望み,子どもたちにその能力が不足しているということが分かっているなら,まずその力をつけることが教育であろう。
仮にそのねらいが果たされていないのなら,果たされるべく,その方法を再考することのほうが先決であると考える。

広島ブログ Zzz…マロンです。ボクをクリックしてね。
スポンサーサイト

comment

Secret

お邪魔します。
長い間実業の中で人を使ったり、採ったりする中で感じたことを幾つか
大学卒の中で企業の求めるそれぞれの能力のある、直ぐに使えるという意味で、新人は極めて稀で、就職氷河期の学生は表面を取り繕う上手さは大人も顔負けになったと思います。
但し、表面は直ぐに剥がれるもの・・そんな面に一生懸命努力したマニュアル新卒が多い。
本当に企業が求める学生はなんでも良いから全身全霊で学生時代に何かに打ち込めた人。
成績からの判断は大学の成績でなく、基礎学力があるかないかが企業としては問題で小学校、中学校、高校でどのクラス(例えば上位1割とか)がその学生の基礎部分で此れが高い学生は入社してきても先ず役立つ。
たまたま大学に入って付け焼刃した学生は、基礎部分の欠落が徐々に現れる。
勿論有名校の方が良い学生の居る確率は高いが、そんな大学、高校でも下位2割にいたような学生は結局負け癖がついていて企業の人の中に埋没するのが普通です。
例えば、有名校なら上位3割位ならOKで、その次の順位の学校なら上位1割、無名校なら学年トップ5位の学校格差はあるとは思います。
有名校の負け癖のついた学生は企業が一番採ってはいけない人材です。その有名大学を卒業したことだけが本人のアイデンティティーで、本人ではないから。
ある意味企業の採用はプロ野球みたいなもんで、リトルリーグの一番、高校野球の一番、甲子園の優勝校の中から数名と言ったようなことだと思っています。

こんな人材を採っていかないと、隣の中国の優秀な学生を採る企業と太刀打ち出来ないから。

大変辛口ですが、企業の本心はそんなところです、
採用担当者は先ず数集めですから 使う側とはチョット違った観点でものを見ているような気がしましたから。
ブログ内検索
英検1級単語4択ドリル

英検1級単語ドリル by ゆずりん 英語学習素材としての海外サイトリンク集
リンク
広島ブログ
月別アーカイブ
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。