スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ConstitutionとInstitution

次期自民党総裁候補の安倍晋三さんが立候補の表明をした。今更と驚いたが,広島でと聞いてまたびっくり。そう,来てたの。飲んでばかりいると世事に疎くなる。彼の声明の中で,憲法改正と教育改革が耳についた。
まず憲法改正について,現行憲法の下で集団的自衛権の行使ができないなら,憲法改正でできるようにしようというのが彼の考え方である。この60年間,暴力で解決できたことが一つとしてあっただろうか。
教育基本法については同法改正を鮮明化している。いわゆる「新しい歴史教科書」の話である。このblogの読者の中で「新しい歴史教科書」をご覧になった方がどれほどいらっしゃるだろうか。中身が国民に詳らかになっていないことと抽象的な「美しい国」が短絡的につなぎ合わされて,幻想を抱かされてはいないか。
不易と流行という言葉が数年前に教育界ではやったことがある。今は使い古されて使う人は滅多にいないが,世の中には変えていいものと変えてはならないものがある,これをわきまえよということである。現実に合わなくなった制度は変えていかねばならない。これは当然のこと。しかし“憲法”はその制定の歴史に敬意を払う必要がある。「戦争を知らない子どもたち」が軽々に論じることはできない。
国民は「美しい国,日本」をつくるのではなくて,そういう国になることを期待している。

広島ブログ Zzz…マロンです。ボクをクリックしてね。
スポンサーサイト

comment

Secret

ブログ内検索
英検1級単語4択ドリル

英検1級単語ドリル by ゆずりん 英語学習素材としての海外サイトリンク集
リンク
広島ブログ
月別アーカイブ
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。