スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三面等価の原則

一国の経済をマクロ的に,生産面,分配面,支出面の三つの側面から捉えたとき,これらはすべて等しい。これを三面等価の原則と言う。

国内総生産(GDP)=国内総所得(GDI)=国内総支出(GDE)

生産されたものはすべて分配され,支出されるということである。売れ残りは計算しない。そもそも売れ残りを期待して生産しないし,もっと言えば,売れ残りは継続して繰り越されているから,勘定しないのだ。

この原則は,一国内で生産された財・サービスは,すべてが使われることで同額の支出を生み,また生産により発生した付加価値すべてが企業や個人へと分配されるという考え方である。

国内総生産(GDP)は,一国内で一定期間に新たに生産された財・サービスの付加価値額の合計である。
国内総所得(GDI)は,一国内で一定期間に新たに生産された財・サービスの付加価値(GDP)が労働者には賃金として分配され,資本家には利潤として分配されたその合計である。
国内総支出(GDE)は,GDIで財・サービスを購入するために支出された合計である。

つまり同じお金がグルグル回ってて,その時回ってきた部門の人が勘定したものだから,どこの部門が勘定しても等しくなる。これがシクミです。

では宿題です。どうやったらこれらが大きくなるのかを考えてみましょう。
スポンサーサイト

comment

Secret

ブログ内検索
英検1級単語4択ドリル

英検1級単語ドリル by ゆずりん 英語学習素材としての海外サイトリンク集
リンク
広島ブログ
月別アーカイブ
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。