スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

円高阻止

お久しぶりです。
今日は学生のみなさん,考えてみましょう。
政府は2兆円を投じて外為市場介入,円高阻止を図った。
現政権ヤッタネ!の声も多い。でも継続的には無理だろう。
そこでさきの民主党代表選を俯瞰する。
対抗馬の悪人顔の人は無利子国債の発行を謳っていた。
なぜ無利子なのか。
利子を付けると国債価格が下がり,利子率が上昇する。
利子率が上昇すると国内的には景気上昇に悪影響を及ぼすからである。
ならばそんな無利子の国債を誰が引き受けるのか。
民間銀行がそんなことに同調するわけない。
中央銀行である。日本銀行しかない。
日銀はどうやって受け入れるのか。
日銀券の増刷である。
その際の日銀の貸借対照表は以下のごとくである。
BOJBaSheet.jpg貸借対照表の左側の「借方」と右側の「貸方」の合計は等しい。
なぜ等しいかって?貸借対照表は自然現象ではなくて,等しくなるように作っているから等しいのである。

国債を民間に買い取らせると国内通貨供給量が減少する。現在の財政政策と矛盾する。
だから無利子で,民間に買い取らせないようにする。
買い取らせないなら,日銀券を増刷しなければ引き受けられないのである。
無利子国債政策の中身は政府はこうして得た円で介入することであった。
党員・サポーターの皆さんはこの政策をもう少し高く評価しても良かったのではないかと思う。
その際注意する点は以下の諸点であろう。

※不胎化政策をとると効果がない。
※異常なインフレを招く危険性がある。
※市場を注意深く見守りながら行う必要がある。

そんなことやっていいのかという感情的な反論もあろうが,さきのリーマンショックの際,FRBは日本円で1200兆円を超えるドル増刷を行った。
これだけドルが出回っておれば,今の円高も宜なるかなである。

そんなことを考えていると,今の競争のルールに「変化」が出てきたように感じ始めた。
持ってることがいいのか,持たないことがいいのか。
カードゲームの「大富豪」のように,「カクメイ」がおきたらルールが逆になる。
それまでの持てる者が取り残されていく。
いずれにせよ,スピード感を持って早く動くことがいいのは変わっていないように思う。
「早飯ホニャホニャ芸のうち」
昔の人はいいこと言った。
スポンサーサイト

comment

Secret

ブログ内検索
英検1級単語4択ドリル

英検1級単語ドリル by ゆずりん 英語学習素材としての海外サイトリンク集
リンク
広島ブログ
月別アーカイブ
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。