スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バナナはどこから?

金曜日の午前中は3時間連続で国際○院高校で授業。あまりに生徒たちの授業態度が悪いので叱りつけて指導した。分かってくれたのだろうか,おとなしくなった。
大学から出張講義に行くと,いきおいお客さん扱いで授業をしてしまいがちになり,なかなか基本的生活習慣から指導することは困難である。しかし,生活習慣が乱れていては,何を話しても生徒の腹に落ちない。彼らの今後の人生数十年間にもわたる社会生活を送る上で,どうしても必要と信じて指導した。5年後10年後に僕を思い出してくれたら良い。

午後3時から立町Cでケニア大使館からのお客様と面談予定を入れていたので,お昼しばらくの間スーパーに買い物に行った。下の写真をご覧あれ。バナナ一房16本。珍しくEcuador産であった。
Ecuador Bananas 001
ブランドはSANITO。一房なんと177円であった。一本約160g11円強。重さから見ると卵よりは安いか。味は甘味が少し抑えられているが,実が引き締まっていて大ぶりである。
バナナは昭和38 年4月に輸入自由化された。この経緯は詳しく後掲の「バナナと日本人」に書かれている。自由化前3ヶ年の平均卸売価格は166円/㎏。りんごの約3倍,みかん,ぶどうの約2倍。かなり高級な果物だったらしい。約50年後のいまや,小売価格で約70円/Kgですからね。びっくりです。
Ecuador Bananas 002
本学部にはフィリピン研究者と台湾研究者がおられる。どっちのバナナが美味しいかプレゼンをなさったことがある。clickuriはそこに割って入ってEcuadorをpromoteする積りはない。
ここにバナナの輸入に関するデータがあるのでご覧いただきたい。圧倒的にフィリピンに軍配があがる。輸入量の総量にはあまり変化がなく,おおよそ100万t。
岩波新書から鶴見良行著「バナナと日本人」が出ている。古い本だけど名著だと思っている。本学図書館にも開架してあるので是非読んで見てください。
なんと5.4%しか市場占有率(シェア)のないバナナを買ったのだ。これも何かのご縁であり,感謝していただきたい。。合掌。

     国別輸入割合                   輸入量の推移
exporting banana ccountryamount of imported banana

スポンサーサイト

comment

Secret

ブログ内検索
英検1級単語4択ドリル

英検1級単語ドリル by ゆずりん 英語学習素材としての海外サイトリンク集
リンク
広島ブログ
月別アーカイブ
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。