スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

有公厠必要一元,不亦楽乎。

言わずと知れた公衆便所である。
画像 187

中に入るとこんなコーナーが。。。そう,大でも小でも一回あたり1元必要です。多分堪え切れなくなった人でもこの関所を通らねば,次の写真の便座にたどり着けません。
画像 186

どっちに向いて座るのでしょうか。なんか罰ゲームのような感じです。
画像 184

しかし,下の写真。防洪記念塔(つまり松花江が氾濫したとき,何度もそれに打ち勝った人民軍を称えた塔。何度も打ち勝たんでいいから,氾濫を一度きりにして欲しいとは思わぬか。)近くのスターリン公園内の公厠は無料です。如何にバイマオ(白猫),ヘイマオ(黒猫),どっちゃでもエエとは言え,如何に改革開放が進み市場経済化が果たされようとしていても,この公園内では1元がどうしても取れないのです。
バイマオ,ヘイマオはいいから,便器にどっち向いて座るか図示しといてほしいね。
画像 190
スポンサーサイト

comment

Secret

No title

アタシも東南アジアのどっかで(たぶんタイだった?)トイレはいるのにお金とられたぁ。
日本じゃ考えられんですよね。

しかも、お金払ったのに、そんなトイレ!?はありえんですよね。

有料トイレ

おおお、有料トイレですか。私も上海とマニラで見たことがあります。たしか、上海は、入口にお金を入れると扉が(自動的に)開くという機械式のトイレ。マニラは、入口でおばちゃんが座っていて、1ペソ渡すとトイレットペーパーを1メートルくらい切ってくれるという仕掛けだったかな。まあ、水が高価なものである場所では、有料トイレも仕方がないかなと思います。
東京の品川駅構内には「チップトイレ」があり、入口にさい銭箱みたいなものがあります。いつも、いくらくらい入れれば良いのかと悩みます。

そうなんよ

>コガッチさま
コメントありがとうございます。
だから,イヌみたいに茂みで用を足している人もたくさんおる。そうならんようにタダにしたらどう?と言いたいのです。
でも口に入れるのにお金払って,出すのにタダはおかしいという人もおる。百歩譲ってお金払うとしても,スターリンいうて書いてあるけぇタダいうのもおかしいじゃろと言いたいのです。そんなら何が何でもとったらどうやと。。

僕のときマニラでは

>さっちんさま
コメントありがとうございます。
僕がマニラに行ったときは,以下のような様子でした。
トイレに入ると奥の壁際におじいさんが腰掛けてる。用を足す。何事もアクションなし。手を洗って,さあフォルダーからペーパータオルをと思った瞬間,横からペーパータオルが差し出され,件のおじいさんがニタァーと笑ってる。ポケットから小銭を出して握らせる。さらにニタァーッとする。そんな感じでしたね。

手を洗う?

>さっちんさま
前コメントに関連して,思い出したことがあります。ある経済学者がこんなことを書いていました。
トイレに入ると手を洗う。→そのあと用を足す。→手を洗わずに出る。→常にその部分は清潔になる。
だから後に手を洗うのではなくて前に手を洗うべきなのだと。
とすると,マニラのお爺さんの機先を制することとなりますね。大成功の巻です。
ブログ内検索
英検1級単語4択ドリル

英検1級単語ドリル by ゆずりん 英語学習素材としての海外サイトリンク集
リンク
広島ブログ
月別アーカイブ
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。