スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HKG高校での授業

系列の高等学校のオープンキャンパスが開かれるというので,またclickuriが駆り出されました。1400人の参加者があったと聞きます。
日曜日に何の見返りもなく,ただ授業をヤレの一言ではだんだん人は動かなくなるでしょうね。教員はノブレス・オブリジェ (Noblesse oblige)としての責任があるので動きますが,あまりこれに甘えてばかりでは経営の基盤が徐々に失われていくでしょう。経営者が奉仕者一人ひとりを回って,謝辞を仰るくらいの覚悟もなく,ただ他人に甘えるのはいかがなものかと思うわけです。私が経営者ならしない。


ただ,HKG高校のブラスバンドは圧巻でした。途中のタップダンスも素敵でしたね。素晴らしかった。
DSCN0465.jpg
DSCN0461.jpg

スポンサーサイト

comment

Secret

当たり前ではない。

近世の経営者と従業員との関係,例えば主人と番頭のような関係では,嫁の世話をしてもらったり,ゆくゆくは暖簾分けを約束されていたり,金銭には換えがたい公私別のない信頼関係が構築されていたと聞くが(もちろん経営者から見ればゆっくりとしたフランチャイジーの拡大に近いが),現代ではよほど特殊な企業でない限りそうした関係は見られないだろう。
私が言いたいのは,私に謝意が伝わってこないということなのである。もっともっと平たく言えば,ありがとうと思ったらありがとうと言えということなのだ。こんなこと,子どもにも言って聞かせるだろう。
ブログ内検索
英検1級単語4択ドリル

英検1級単語ドリル by ゆずりん 英語学習素材としての海外サイトリンク集
リンク
広島ブログ
月別アーカイブ
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。