スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

梅酒と亡き母と。

妻の実家で生った梅を今朝,漬け込みました。
約1Kgの梅を一晩水に漬け,アクを抜き,竹串でヘタをとり,水気をとる。
シコウーシテ,瓶に入れ,500gの氷砂糖を入れる。その上から一升のホワイトリカーを注いで,蓋を閉める。
その際,瓶の内,口の部分は清潔にしておかねばならない。clickuriは万全を期して,エタノールで消毒しておいた。
DSC01710.jpg

昨年9月に母を亡くし,台所から出てきた梅酒。平成2年6月15日と読める。19年前。匂いを嗅ぐと熟成されているのが判った。
母はアルコール類を一滴も飲めぬ人だったが,何を思ってか,こんなことをガサガサとよくしていた。あと梅ジャムとか,紫蘇ジュースとか。。当時は吐き気を催していたが,今となっては懐かしい。ボチボチ戴くことにする。
DSC01711.jpg
スポンサーサイト

comment

Secret

梅酒ブーム

最近、わが学部では梅酒ブームみたいですよ。
適度に漬かったら、持ち寄って河原で夕涼みしましょう。
clickuri先生はもちろん、浴衣姿でね。

河原?

>さっちんさま
コメありがとうございます。
他にどなたが漬けていらっしゃるの?
おいしさから言ったら,ウチの19 Years Old に敵う物はないでしょうね。
ところで“河原”って,お宅の前じゃない?浴衣着て,持って来いっテカ?

母の味

日付の入った梅酒。。。なんだかじ~んときます。私にとっても梅酒は母の味です。私の実母も一滴も飲めませんでした。今一緒にいる母(姑)も一滴も飲めないのにせっせと梅酒やら梅ジュースやらを作ってくれます。まさしく「母」という存在はそういうものなのでしょうね。

涙ぐんで。。

>kumiさま
コメントありがとうございます。
少し涙ぐんで,「これはお袋の字じゃのぉ」と言ったら,家内が「それ,私の字よ」。
どうなっとんや,せっかくエエ話になっとったのに。ここで出てくるなよ。
ああ,そうかそうか,嫁と姑が手に手を取り合って梅酒を漬けたっちゅう話よね。ウンウン。

やっと漬けたけど・・・

お母さまの梅酒・・・
奥さまとともに夕涼みしながらちびちびと。
今夏はええですの~

梅を取ってなんかそれで帰結していたワタシは
エエ加減に漬けたら~とか言われてきのう漬けました。
テヘヘ。
やや黄色に変色してましたのでうまく漬かるかな~
ま、マイ梅酒ですから。いいか!

小梅

>女社長の・・・さま
コメントありがとうございます。
小梅がたくさんなっとるんじゃけどね。どうしたらええんかね。

美味しいに違いない!

 お初にコメしやす。
 なんと、平成2年のシロモノとか! あっしがまだ30台の頃ではありませんか! あっしが試飲するでやんす!  某所でお会いしましょう!  =オット=

オットット。

>オットさま
お初にコメいただきやして,ありあとあんす。
その品のなさは,のりたまさんとこのオットーだな。
某所へは,マイ箸とマイ取り皿,それからマイお猪口は持っていくけど,この壺だけは誰にも“禁帯出”。加減の分からぬ方には館内のみ閲覧可。

No title

きっと、はじめてコメントさせて頂きます。
きぬさんに、きっと色々なお宅に … とコメントを …
トマトの白和え … 私も作りましたから … 
是非おいで下さいませな!
私はきっと … ご近所エリアだと思います(笑)
なれなれしくて … ごめんなさい!

梅酒の梅でジャム … 私も作ります。
朝食のパンには ? ですが … 
夜のお供に … クラッカーにチーズと一緒にのせると …美味しいです。

梅ジャム。

>reiko ママさま
コメントありがとうございます。
その問題の梅ジャム。clickuriの若いころは向っ気が強くて,こんなエキスが吸い出されたような残りかすを食べれるかと思ってたわけです。
亡母は,ご存知かどうか分かりませんが,昭和30年代に“友の会”というのに入会していて,料理,裁縫,家事,家計,子育てをテーマに,時々会員が集まっては,小難しい話をしてました。clickuriはそれに小さいころから連れ廻されていましたから,彼女の新しい工夫に“辟易”していたわけです。
今から思えば,目を瞑ってでも食べればよかったと思います。
ブログ内検索
英検1級単語4択ドリル

英検1級単語ドリル by ゆずりん 英語学習素材としての海外サイトリンク集
リンク
広島ブログ
月別アーカイブ
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。