スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

教育のタイミングとその効果。

教育のタイミングとその効果について考えてみました。 私の学生に伝えたいことは,専門科目の内容ももちろんそうなのですが,とりもなおさず私のいままで学習してわかった事全てなのです。たいしたことは学習していないのだけど,とにかく時間がかかってるから量が多く,かつそこにいたる経緯が長いので伝わりにくい。古今東西ここが問題で,だからなんたら教育論などという学問が存在し得るのだろうと思う。教育学の先生からみると,そうじゃないとおっしゃるかも知れませんが。。。まあこれはblogですから。。。 とにかく,教育は必ず困難がつきまとう。 最も効果的なのは,教授するものに教授する意思があるか,学ぶものに学ぶ意思があるか,またそれらがシンクロしているかが大きな条件だろうと思います。 「啐啄同時:そったくどうじ」 大概のケースが,学ぶ意思がないことに気付かず心ならずも教授している。もっとシンセツなのが学ぶ意思なしと認められる場合であっても,意思あるものと仮定して教授する。もっともっとシンセツなのが学ぶ量を減少させて,学びやすく教授しやすくする。もっともっともっとシンセツなのが学ぶ意思が生じるまで根気強く「待つ」。 P.S.どうも“シンセツ”を“アクシツ”と読み替えてる輩がいるようです。善良なる読者諸君,くれぐれも惑わされないように。多謝。

広島ブログ Zzz…マロンです。ボクをクリックしてね。
スポンサーサイト

comment

Secret

お初です!

どうも、お世話になっております。いつも先生の講義を楽しませてもらってます。景気とおとうふのたとえ話とか、先生の熱演に大爆笑ですね(笑)。新作を楽しみにしてます!

ふ~ん。経済学のK君,だいたい察しがつくなぁ。ぼくはお世話してないけどね。
真剣に学びたいのなら,ぼくの話を真剣に聞くことだね。“笑い”はとるようには心がけてるけど,決して嘘は言っていない。ここが大事なところで,むしろ嘘だったら笑ってお終い,それだけよ。ぼくが言ってることはすべて本当のことだよ。それをどう捉えるかはK君の判断次第だ。

実例が

ある研究室に行くと講義プリントと用意しておられました。空欄が作ってあり学生はそこのところだけ書けば良いみたいです。
何を求めて大学に来ているのか

甘酸辛苦

コメントをいただき,ありがとうございます。以前このblogで私が述べた“甘酸辛苦”の状態でしょう。苦いものを受け付けられなくなるのです。辛い仕事は他人に押し付け始め,ずるく逃げ回ることがスマートなやり方だと曲解し,そのパラダイムの中で社会全体が崩壊していく。以前『大国の興亡』という本でP.ケネディが述べていたように思う。もっともそれは経済学にいう豊かさの観点からでしたが。。。
ブログ内検索
英検1級単語4択ドリル

英検1級単語ドリル by ゆずりん 英語学習素材としての海外サイトリンク集
リンク
広島ブログ
月別アーカイブ
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。