スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マツダ ファミリア

町を歩いていたら,最近ぜんぜん見かけない車がスクラップになっていた。表題,マツダファミリア5代目である。これは1980年に発売され,売れに売れた車である。多分マツダとして初めてのFF乗用車であろう。これはホントに売れに売れた,マツダ再生のきっかけとなった車である。
clickuriは元来ひねくれ者であるので,その年の夏のボーナスで,三菱ミラージュというのを,珍しいことに新車で買った。だからこのファミリア5代目の出現を良く覚えているのである。
そもそも初代ファミリアはイタリア人のデザインだったと思うが,洗濯物を絞ったような形をしていて好きではなかった。2代目はそれと正反対で丸っこい形。2代目にはロータリーエンジンを積んだクーペがあった。でもそんなに売れてなかったと思う。3代目は良く覚えていない。多分プレストとかいう言葉がくっ付いてヘッドライトあたりが少し変更されたんだったと思う。間違ってたらゴメン。4代目はまたへんてこな丸やら四角やら良くわからないような特徴のない車。車雑誌などを読むと,内装は豪華だったらしいが,本来ファミリーカーにそんなの関係ない。
そこで1980年,満を持して出したのが5代目である。(下の写真ブルーの車)
いま何歳かというと少なくとも24歳ですね。もっといってりゃ28歳。
  DSC01492.jpg
ワイねぇ,自動車乗ると,ポンポン痛くなるん。だからポッチンね。→広島ブログ
スポンサーサイト

comment

Secret

懐かしいな

ファミリアはマツダだったのですね。こういう角張った車が昔はよくあったなあ。今となっては懐かしい形ですね。私はフィリピンでのフィールドワークが楽しすぎたので、今はその後遺症で少し無気力状態になっています。季節の変わり目ですなあ。

燃え尽き症候群

>さっちんさま
仕事をして楽しいと感じたことがないのは不幸なのでしょうか。友人にサンゴ礁の研究してるのがいますが,彼も楽しそうなところばかり行ってるなあ。
clickuriも燃え尽き症候群です。3/21に日本○易学会○部会の研究報告会を○町キャンパスに誘致し,引き換えにclickuriも発表せねばならぬことになり,ここ2,3ヶ月,気の重い日々を過ごしてきました。出勤すると雑用が山ほどあり,仕事にはならないし,家に帰っても雑用々々,マロンも纏わり付くし。でもやっと終わりました。ほっとしました。今度は5月末の近畿大学での全国大会まで一息つけます。
大学を卒業してからのclickuriの人生は,常に“自転車操業”状態です。もしかしたらその前からかもしれません。

お疲れさまです

clickuri先生、研究報告会のホスト役、お疲れさまでした。燃え尽きるということは、そこまで心血を注げる対象に出会えるということでもあるから、かえって幸せなことなのかもしれません。とはいえ、職場の内外で頼まれごとが多いclickuri先生は、研究報告会開催まで時間の捻出が大変だったでしょう。3連休も最終日となりましたが、ゆっくりされてくださいね。

ちょっと違う。

>さっちんさま
みんなは他の人達に対して,依存心が強すぎる気がします。clickuriは大学を卒業して以来,何につけても断り下手。今回の学会でも,来年度もっと大きなものを背負わされました。夕べはそれに関して悪夢を見ました。
ゆっくりはできません。

ファミリアのこのタイプ懐かしいですね
この頃車が欲しくて・・・・
多分時代がフェンダーミラーからドアミラータイプに変わる頃ですよね

結局爺は中古のスターレットを買いました。

広島、茨城を数回往復しました。

マツダに怨みはないけれど。。

>竹爺さま
表題のとおり,マツダに怨みはないけれど,広島の人間にとって,関係者以外マツダ好きの人は少ないですね。マツダに乗ってると関係者と見られる。「なんで好きこのんで。。」という目で見られるので困ります。そんな質問をする人は大抵,「安かったんじゃ。」とか「社員割引で。」という答えを期待しているのです。ウチのdeanなんて今じゃMBに乗ってますよ。
ひねくれ者のclickuriは1980年,初代三菱ミラージュ(1400CC,2doorHB)を買ったのです。スーパーシフトで4×2のトランスミッションを楽しむことができました。スターレットもよく走るクルマでした。ファミリアよりは楽しかったですね。
ブログ内検索
英検1級単語4択ドリル

英検1級単語ドリル by ゆずりん 英語学習素材としての海外サイトリンク集
リンク
広島ブログ
月別アーカイブ
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。