スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

被爆建築物 旧宇品警察署

先日のグランドプリンスホテル広島のある元宇品の入り口に,被爆建築物である旧々宇品警察署,旧広島県港湾事務所の建物がある。シンメトリックな木造二階建て建築物である。恐らく1900年頃の米コロニー風木造建築を意識したものであろう。
さきの大戦中,多くの兵隊が故郷に家族を残したままこの町に集まり,日章旗の打ち振られる沿道を軍靴を鳴らして行進して行く姿が目に浮かぶ。宇品港から出航し,宇品の町が最期となった兵隊さんもたくさんおられると思う。
IMGP0917_20090318052815.jpg

IMGP0916_20090318052802.jpg



父ちゃん,マロンは戦争絶対反対。だからポッチンね。→広島ブログ
スポンサーサイト

comment

Secret

これは

初めて見ました。広島の方々には
よく知られた被爆建物かもしれませんが
私にとっては新鮮な風景です。
被爆の記憶は、私たちのすぐ近くに
まだ息づいているのですね…。

建築物として

>さっちんさま
コメントありがとうございます。
被爆建築物だということも,戦争を風化させないためには記憶にとどめる必要があると思います。
ただ歴史建築物として見る角度もあると思います。これきれいですよ。
また宇品には瀬戸内海汽船の本社社屋があります。これは戦後の建物ですが,バウハウスを意識した“近代的(モダニズム)”建築物です。次回紹介します。
ブログ内検索
英検1級単語4択ドリル

英検1級単語ドリル by ゆずりん 英語学習素材としての海外サイトリンク集
リンク
広島ブログ
月別アーカイブ
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。