スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

正解は辛夷。

先日の志和堀情報の中で不明な木がありました。この木はなんでしょうの答えは,辛夷でした。
ありがたいことに同僚の農業経済専門の先生が教えてくれはりました。
さて,それではどう読むのでしょう。ヒントは下にあります。
IMGP0873.jpg

IMGP0874.jpg

♪♪白樺 青空 南風 こぶし咲く あの丘 北国の あぁ北国の春♪♪
千昌夫より,麗君さんの方がエエでしょ。

・木蓮(もくれん)科。
・学名 Magnolia kobus
学名にコブシの名が入っているので,日本の固有の木なのかもしれないですね。
コブシの由来はつぼみが赤ちゃんの握りこぶしに似ているとか,花の終わった後の実の形がごつごつしていて,握りこぶしみたいだとかという説があるようです。
3月から4月の初旬に花が咲いて,これが咲くと農作業を始めるらしく,種まき桜と呼ぶ地方もあるそうです。
だから,♪コブシ咲くあの丘北国の♪は,シバレル冬から希望の季節に移り変わった北国の母が,こっちゃあ農作業が始まるだぞ,早く帰って来いと歌ったものだということがわかりました。
マロンは学校行ってないけぇ読めん。バナーをクリックしてね。→広島ブログ
スポンサーサイト

comment

Secret

こぶし

こぶし、でしたか!
すっかり漢字が読めなくなっちゃったなあ。
これでひとつ、勉強になったぞ。
早く日本人の頭に戻らねばと思う私です。

Magnolia Kobus

>さっちんさま
ピン!ポン!日本人の頭でも読めませんでした。
辛夷(しんい)というつぼみを乾燥させた漢方薬があるそうです。鼻づまりなどに聞くらしいのですが,こっちの読み方の方がinternationalな感じがします。
ブログ内検索
英検1級単語4択ドリル

英検1級単語ドリル by ゆずりん 英語学習素材としての海外サイトリンク集
リンク
広島ブログ
月別アーカイブ
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。