スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

担当教官名

私,授業の最後に必ず小レポートを課している。300字くらいだろうか。それはそれで良しとして,そこには科目名や学生番号,名前はもちろんのこと,担当教官名も書くように指導している。 名前の後には「先生」と書くのよ,どちらの先生の科目であっても,たとえ社会に出てからでも,どなたであっても,こういったケースには「先生」と敬称を付けるのよ。「先生と言われるほどの○○はなし。」などという喩えは,いわゆる先生が自嘲を込めて言っていらっしゃる事で,先生じゃない人が率先して,ましてや指までさして言わないものよと,大のおとなが聞いたら,指導者のレベルを疑うようなことを事細かに根気強く指導している。 だけど昨日の授業後のペーパーを点検していたら,「澤田先生」と書いてあるのが一枚見つかった。ちゃんと「~先生」とは書き添えてあるのだが,ちょっと名前が違ぁう。 もう8回目の授業だというのに,どのような学力が,誰に,どの程度定着していて,どれだけ不足しているのかということを,それこそ「リサーチ・マインド」をもって,学生一人ひとり把握できなかった教育者としての自らの不明を恥じます。

広島ブログ Zzz…マロンです。ボクをクリックしてね。
スポンサーサイト

comment

Secret

爺の場合「君らに呼び捨てにされる筋合いはない。先生と認めたくないなら、せめて(さん)はつけろ。それがマナーだ」と言います。よってマナーを守れないカードは破棄します。

「ねーねー」と話しかけてくる学生も同様。入口を間違えると決して社会の扉は開きません。

that's right

おそらくは,中等教育あたりに問題があったのでしょう。私の責任でもあります。
高校の教員をしてるときに,「ねーねー。」と言って,後ろから肩を叩いたのがいました。わたしその時,外部の方と廊下で立ち話をしていたところだったので,親切そうにその場では対応をしてやりましたが,後で呼び出し,根気強く指導をしてやりました。
「鉄は熱いうちに打て。」誰かが悪者にでもなって指導してやらないと,野生のmonkey同様なのが増える。
あれ?monkeyって,moneyに似てるワ。
ブログ内検索
英検1級単語4択ドリル

英検1級単語ドリル by ゆずりん 英語学習素材としての海外サイトリンク集
リンク
広島ブログ
月別アーカイブ
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。