スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

広島電鉄モニター制度

広電の市内電車に乗った時,モニターを募集していたので,申し込みをした。ほんとは申し込みをしていたのを忘れていたところ,あなたモニターですと通知がきた。
昨晩,広島駅前のホテルニューヒロデンで行なわれた第1回意見交換会に参加してきた。

さすがにモニターに参加しようという人たちは,意識が高い,高すぎる。非常に細かいところまで不平や不満を,事細かに,間断なくぶつけてくる。恐らく彼らの職場や家庭においてもそんな調子なのであろう。実際,息が詰まった。広電の役員をはじめ,担当の方々はそんな中でよくも食事が喉に通るものだと感心した。

ただ一人,こんなことをおっしゃった方があった。
「小学校の課外授業で公共交通機関に乗ってくる場合があります。学校で乗車マナーを教育していないのでしょう,大変マナーがなっていない。御社としていかがお考えか。。。」
という趣旨だったと思う。多分,広電は悪くない,教育が悪いのだという二者択一の条件を引っ張り出し,広電に失礼のないようにと思われての発言だと思う。
まだお若い方だったが,これは的を得ていない,レベルの低い,朝まで○○テレビ的な発言と思われた。あくまでご自身は受益者,傍観者であって,主体ではないのである。

学校は,当然に学校なので,事前事後の指導を周到に行なったうえでの課外活動である。そうした中にあっても,国民総評論家といわれる状況で,日頃から学校教育活動が批判に晒されているわけである。
児童は児童で,いつもは教室というハコの中にいる彼らが,バスという非日常の中で,おとなしくしているわけがない。

どうしても目に余る,いけないという思いがあれば,周囲の方がご自分で注意をなさればよかろう。たとえそれが小学生,中学生,高校生であっても。
それはしないで,ただ学校が悪い,市や県が悪い,政府が悪い,自分だけ悪くない。そういう誤った権利意識の高揚も,学校教育のなせる業だと思うと,自らの不明を恥じるばかりである。

いろいろな企業もモニター制度を採用しているが,おそらくこれは世の中のクレーマーといわれる人たちやそうした傾向のある人たちの意見を予め集約しておいて,来るべき“本番”に備えるのが目的なのかもしれない。

バスや電車には乗ってみて初めて意見が出てこよう。
教育もしてみて,子どもも育ててみて初めて,さまざまな思いがでてこよう。

【告知】
来る3月1日(日)ならびに3月8日(日)広島国際学院大学立町キャンパスにおいて,「現代中国の文化的事情」と題し,講演会ならびに演奏会が開かれます。
価値ある講演です。できれば両日,是非皆さんお越しください。プログラムもできました。詳しくは←クリック

とりわけ8日(日)(13:30~16:00)は本学教員以外の方(袁葉先生,趙栄春先生)が講演や二胡の演奏をなさるので,こちらもドキドキ,ワクワクしています。

【会場】広島国際学院大学立町キャンパス
     〒730-0011 広島市中区基町13-7
              立町電停前,旧朝日会館 TEL082-212-1651

                    【問合せ】広島国際学院大学現代社会学部
                           上瀬野町キャンパス TEL082-820-3722

Zzz…僕マロン。毎日留守番。バナーをクリックしてね。→広島ブログ
ブログ内検索
英検1級単語4択ドリル

英検1級単語ドリル by ゆずりん 英語学習素材としての海外サイトリンク集
リンク
広島ブログ
月別アーカイブ
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。