スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

群馬県の上村明子さん

群馬県の上村明子さん(小6)が自らの命を絶った。痛ましくてならない。
小学校はいじめはなかったと発表している。なぜそう明言できるのか。いじめがあったとすればどの点なのかという視点に立った総括が望まれる。
報道によると、クラスで決めた席替えどおりに着席して給食が摂れていなかったらしい。小学校における給食はただの昼食時間ではない。共同作業を学び、感謝し、マナーを学び、ともに食事をいただくことがこんなにも楽しいことなんだということを学ぶ。食育の勉強時間でもある。教員は給食指導という名目で勤務時間内となっている。これができないのは職務懈怠である。
本当かどうかはわからないが、あるブログにはいじめたとされる児童の個人名も既にでている。亡くなった子も痛ましく、もうどうにもならないとはいえ、加害児童の負った傷を放置していいものか。
小学校は教育機関としてきちんと総括をするべきである。
スポンサーサイト

不起訴→起訴

やはりこうなった。
第三種郵便物の事件以来,自民と民主の攻防が続いていると見ると納得ができないか。
とすると,検察が政治的にインパーシャルであるべきとは自分の思い込みにすぎなかったということがわかった。
裁判所でさえも,もちろん裁判員は当然に,流される場合があることを考えれば,検察が為政者の意向に偏る必然性は大いにあると言わざるを得ない。

第三種郵便物事件

あの事件はどうなっているのだろう。
登場人物は,石井,倉沢,村木,上村,前田。結局この件で逮捕されたのは上村,倉沢。
前田は関連した別件。

冤罪だ,証拠改ざんだと騒いでいるけど,結局何年にもわたって第三種郵便料金でDMが流れ,国民の利益は損なわれていた。

政局の中で誰かが誰かに陥れられたのであろう。
前田も可哀想なものである。いつもだったら仲間内で済んだところが,この度は集団の利益のために売られた。

こんなことをしている間に,ますます生活していくのに困難な世の中になっていく。
年金欲しさに父母の死亡届を出さない。自分の仕事の足かせになるから子育てを放棄する。社会的に低位に置かれているから,もっと弱い自分の子供に暴力を働く。須らく貧困の結果である。

日本人はもっと怒りをもっていいのではないか。
人当たりのいいお調子者に一票を投じるほど,国民は生活に余裕はない筈である。

官房長官

いけないでしょう。全共闘の元闘士かなんか知らないが,そんな戦略だから,全共闘も失敗したのだ。尤も全共闘は毛沢東を大好きだが。。。

人質になったフジタで思い出した。創業者である一郎か定市の孫の一○という人間だったが,1980年代に一級建築士の国家試験で,優秀な社員を使って替え玉受験をさせ,ちゃっかり資格をとってた。それがばれて新聞種になっていたのを思い出した。もちろん資格は取り消しだが,物笑いの孫である。
なんとその彼が後に社長にまで上りつめる。まあそんな孫が社長になれば経営も思わしくなく,数年前に整理されゴールドマンサックスが経営参加したと思う。不思議なことに期を一にして従兄弟の県知事も替わった。

前県知事で思い出した。かれが1980年代に参議院に立候補した際,県内地元ゼネコンの協力企業会を挨拶回りしていたが,40歳近い背の高い坊ちゃんがママに引率して貰っていた。

民間の諸君は金儲けだけはうまいが,尻尾を掴まれないようにしないといけない。

阿久根市長

毎日新聞によると,

鹿児島県阿久根市の竹原信一市長が15日午後,市役所で緊急会見し,障害者差別と批判された昨秋のブログの記述を陳謝した。竹原市長は会見の冒頭,「ブログの表現が差別しているような誤解を与えたのは事実。申し訳なく思っています」と釈明した。

らしい。

顛末はこうである。
竹原市長は2090年11月,自身のブログ上に「高度医療のおかげで以前は自然に淘汰された機能障害を持ったのを生き残らせている。結果養護施設に行く子供が増えてしまった」と記述していた。

こんなのが市民の代表というのは遺憾よね。意識レベルが低い。

ブログ内検索
英検1級単語4択ドリル

英検1級単語ドリル by ゆずりん 英語学習素材としての海外サイトリンク集
リンク
広島ブログ
月別アーカイブ
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。